アオムシの成長

ミカンの白い花が咲き終わると、
毎年アオムシくんがやってきます♬

黄色の卵は見つけられなかったけど、
葉っぱをたくさん食べる幼虫が2匹いました。

はじめは黒い幼虫、この後キレイな緑色になり、

ピタッとくっついたまま動かなくなり、サナギになります。

よーーく見ると、細い糸で自分の体を支えているのですよ!
サナギになってから約2週間後に羽化します。

ここまでサナギの中で黒い羽根が透けて見えるようになったら、
数時間後にはサナギから出て蝶の姿になります♬

サナギからチョウになる
変態プロセスは、
自然界でも不思議な現象のひとつ。

サナギの中で
幼虫の体の組織が少しずつ変化して、
空を飛ぶ美しい成虫に変身するんですって!

思春期の子どもも
サナギのように少しずつ変化していきます。

だから子どもを信じて
そっと見守りましょうね♬

サナギになるまでは、
新しい葉っぱを毎日入れてあげたり、

サナギ中はそっとしておくと、
虫カゴの中でも元気に成長して
キレイな蝶に変身してくれますよ(^^)

Follow me!