ふつうのいい子③~It`s OK~

今日は、私の名前の由来の話です。

名前には親の思いが込められていますよね。

 

 

私の「かおり」という名は、「お茶の香り」からきています。

うまれた場所がお茶の名産地「知覧町」。

お茶畑が広がる緑豊かな場所です。

いいところですよ~。遊びに来て~。

 

 

お茶の香りは

目には見えないけれど、人々の心を癒してくれる、優しいきもちにさせてくれる。

そんな風に、人をほっとさせるような人になってほしい。

人を優しい気持ちにさせるような人になってほしい。

という願いが込められています。

 

また、かおりの表記はひらがなです。

角が無い、まるっこい、人あたりのいい、優しい子に育ってほしい。

 

ここでも、優しい子に育ってほしいという願いが込められています。

 

私は、この願いを聞いてとても素敵な由来だと思い、自分の名前が大好きになりました。

とても気に入っています。

 

 

私は、この名の通り優しい子に育ったと思います。

 

 

人に優しくできる自分が好きです。

周りの人から「優しいね」と言われると嬉しかったです。

でも

人に優しくできない自分は嫌いです。

周りの人から「優しいね」と言われるように、言動に気を遣ってきました。

うまく優しくできない時は、ちょっと私が言いたいことを我慢したり、やりたいことを我慢したりすればいいだけのことです。

 

私は、今も

優しい自分になりたいと、思って生きています。

優しくない自分が出てきた時は、押し殺そうとするところがあります。

そんなことに時々疲れてしまいますが、

 

何のとりえもない、普通のいい子である私は、

優しい人でいることが、みんなに認めてもらえる方法だと思っていたのかもしれません。

 

今でも、やっぱり私は

本当に、人に優しくできる人になりたいと

心から思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!